NTN、次世代ステアリング用MCUを開発…新型スカイラインが採用

自動車 ビジネス 企業動向

NTNは、日産の新型『スカイライン』が採用するダイレクトアダプティブステアリングに使用する、「自動車次世代ステアリング用MCU(メカニカルクラッチユニット)」を開発し、市場展開を開始した。

ダイレクトアダプティブステアリングは、ドライバーのステアリング操作を電気信号でタイヤに伝達。路面の凸凹に影響されず、俊敏かつ正確なステアリング操作を実現する。また、機能が維持できない故障検出時のため、ハンドルとタイヤを機械的に繋ぐためのバックアップ機構も有している。

今回NTNが開発した自動車次世代ステアリング用MCUは、ダイレクトアダプティブステアリングのバックアップ機構の実現に貢献。電磁クラッチとローラクラッチを組み合わせたコンパクトな構成で、ダイレクトアダプティブステアリング機能時には電磁クラッチに通電されることで、ローラクラッチが解放され、ステアリング操作は電気信号を介してタイヤに伝達される。一方、故障検出時には、電磁クラッチへの電源が遮断されるため、ローラクラッチが瞬時に締結し、ステアリング操作は機械的にタイヤに伝達される。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集