アメリカン航空、ダラスとホンジュラスのロアタン間でノンストップサービス開始

航空 企業動向

アメリカン航空
  • アメリカン航空
アメリカン航空は11月23日、テキサス州のダラス・フォートワース国際空港(DFW)とホンジュラスのロアタンにあるフアン・マヌエル・ガルベス国際空港(RTB)の間で、新たにノンストップサービスを開始したと発表した。

アメリカン航空は16座席のビジネスクラスと134座席のエコノミー座席が設定されたボーイング『737-800航空機』を使用して、毎土曜日にこの新サービスを行う。

さらに同社はロアタンとマイアミ国際空港(MIA)間を月曜と水曜、土曜日の1週間に3度のフライトに増便した。

「我々は20年以上に渡ってホンジュラスに奉仕し、その国での我々の存在を増加させ、顧客にさらなるルートと飛行回数を提供できることを誇りとする」とアメリカン航空のホンジュラス及びニカラグアの管理者であるヴェルナ・オソルト氏は語った。

この新たなサービスの開始により、アメリカン航空はマイアミとロアタン間の現在毎週3度のフライト、マイアミとサンペドロ・サウラ間の毎日2度のフライト、マイアミとテグシガルパ間の毎日1度のフライト、そしてダラス・フォートワースとロアタン間の毎週1度のフライトを提供している。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集