文部科学省とJAXAなど、ベトナムでアジア太平洋地域最大の宇宙機関フォーラムを共催…12月3~6日

宇宙 エンタメ・イベント

文部科学省と宇宙航空研究開発機構(JAXA)、ベトナム科学技術院(VAST)は、アジア太平洋地域で最大の宇宙機関国際フォーラムである「第20回アジア・太平洋地域宇宙機関会議(APRSAF-20)」を、12月3~6日まで、ベトナム・ハノイで共催する。

アジア太平洋地域の宇宙機関、政府機関、宇宙利用機関、研究者、大学関係者などが一堂に会するフォーラム。今回は「バリュー・フローム・スペース:20イヤーズ・オブ・アジアパシフィック・エクスペリエンス」(宇宙がもたらす価値:20年にわたるアジア・太平洋地域での経験を通じて)に沿って活発な議論を行う予定。

会議は、本会合と、地球観測分科会、通信衛星利用分科会、宇宙環境利用分科会、宇宙教育普及分科会の4つのワーキンググループで構成する。前半2日間の分科会に続いて、後半2日間は参加機関の活動報告やイニシアティブ報告を行う本会合を開催する。

今回で20周年を迎えるAPRSAFでは、新しい協力を模索するための特別セッション、ゲストを招いての特別講演、JAXAの奥村理事長を含むアジア各国の宇宙機関長などによるスペシャルセッションなど、今後のアジア太平洋地域の宇宙協力を目指した様々なセッションが開催される予定。

11月22日現在、アジア太平洋地域を中心に、32カ国・地域、7国際機関から約420人が参加登録している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集