三菱重工舶用機械エンジン、現代重工から舶用タービン4隻分を受注…外販は初

船舶 企業動向

舶用主タービン(UST)
  • 舶用主タービン(UST)
  • 舶用主ボイラ(UST)
三菱重工業グループの三菱重工舶用機械エンジンは、韓国の現代重工業から再熱舶用推進蒸気タービンプラント「UST」4隻分を受注したと発表した。

USTは、三菱重工が独自に実用化した技術で、事業用陸用発電プラントで実績の多い再熱サイクルを採り入れることで、従来の蒸気推進機関に比べ燃費効率を約15%向上した、経済的で環境にやさしい推進機関。

今回受注したUSTは、現代重工がマレーシア国営の石油ガス公社ペトロナス向けに建造するLNG(液化天然ガス)輸送船4隻に搭載するもの。4隻分向けのオプション契約も締結しており、最大で8隻分を供給する。同社グループがUSTを外販するのは今回が初めてで、2015年から順次納入していく予定。

UST4隻分は、舶用タービン4基とボイラー8缶で構成する。外販初号機となった今回のUSTは、ペトロナスの新たなLNG輸送船4隻の主機として、同社が今後生産予定のLNGの輸送に大きな役割を果たす。

三菱重工舶用機械エンジンは、三菱重工の舶用機械、エンジンの開発・設計・販売・アフターサービスとライセンス業務を承継して発足した事業会社。2ストローク低速エンジン、MET過給機、舶用ボイラー/タービン、プロペラ、デッキクレーン、甲板機械、舵取機など、幅広い舶用機械、エンジンのラインナップを持つ。

三菱重工舶用機械エンジンは現在、三菱重工建造船8隻向けUSTの製造に取り組んでいるが、これに加え今回、外販初号機を受注したことを弾みに、今後も積極的にUSTを売り込んで世界市場で高いプレゼンスを確保していく構え。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集