スカイマーク、リースのA330にFHS構成部品契約をエアバスと交わす

航空 企業動向

スカイマークA330-300
  • スカイマークA330-300
スカイマークは、2014年よりリースを受ける10機の『A330』のサポートを補助するため、エアバスとフライト・アワー・サービシズ(FHS)構成部品契約にサインしたことを発表した。

この長期契約では、エアバスの顧客サービスは700ライン以上の交換可能なユニット(LRUs)の提供が保証されてている。

この契約は共同管理アクセスサービスや主要なベースと選択された主張所での現地ストック、構成部品のメンテナンスサービスを含んでいる。現地のエアバスFHSチームは、毎日のA330の運航において最も高いサービスのレベルを確保する為に、毎日のスペア管理によってスカイマークを補助する。

エアバスのEVP顧客サービスのディディエ・ラクス氏は、「我々はスカイマークを新しいFHSの顧客として迎えることを喜んでいる。この新しいFHS契約は、アジアでの我々の市場ポジションと、顧客の為にカスタム対応及び目的に応じた注文を発展させる機能を強化するものだ」と語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品