中東の女性ドライバー解禁を求める社会運動、モバイルマルウェアによる妨害を受ける

自動車 ビジネス 海外マーケット

マカフィーは、中東で女性の自動車運転解禁を求める社会運動を妨害するモバイルマルウェアが発見されたと発表した。

中東では、女性が車を運転する権利を求める運動「Oct26 Driving」のオンラインキャンペーンが、繰り返し妨害にさらされており、公式サイトを含むウェブサイトが数日間に2回改ざんされるなど、サイトやアカウントが何度も不正侵入されているという。

それに続く妨害工作として今回、モバイルマルウェア「Android/HackDrive(アンドロイド/ハックドライブ)」が発見された。マルウェアは、Oct26Drivingのオンラインキャンペーンを支援するアプリを装っており、同キャンペーンの象徴となっているアイコンまで使用。マルウェアはデバイスにヘッドホンのプラグを差し込むと動き出し、音声シーケンスを繰り返し再生し始めて音声を妨害、ユーザーはそれ以外、何も聞くことができず、また電話で話すこともできなくなるという。

マカフィーでは事態の進展を注意深く見守るとともに、ユーザーに対しては政治運動や社会運動に関連したソフトウェアをダウンロードするときにも細心の注意を払うように推奨している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集