ジャパン・ハラール・フードプロジェクト始動、日本食ビジネスのインドネシア進出をサポート

エマージング・マーケット 東南アジア

ジャパン・ハラール・フードプロジェクト(webサイト)
  • ジャパン・ハラール・フードプロジェクト(webサイト)
  • ジャパン・ハラール・フードプロジェクト(webサイト)
ファーストは、経済産業省クール・ジャパン戦略推進事業として採択された「ジャパン・ハラール・フードプロジェクト」を始動した。

インドネシアは、人口2億3000万人のうち、7割以上がイスラム教徒。ハラールフードとは、イスラム教の教えに則った食品を指す。現在、インドネシアでは、すべての輸入食品について、ハラールの認証が必要となっている。

同プロジェクトでは、ファーストが事業者となり、日本・インドネシアでの食市場、ハラール等の分野での専門家により企業コンソーシアムを形成し、実施・運営。インドネシアでの日本食の普及、食産業の進出・拡大を目的に、日本、インドネシア両国にてBtoB、BtoCイベントを実施する。

日本では、第一弾として2013年12月にセミナー、2014年3月に商談会を実施。12月4日開催のセミナーは、「インドネシア市場食品輸出・進出セミナー」と題し、イオン・インドネシア、敷島製パンをはじめとする現地進出企業を講師として招き、実践的な内容でインドネシア進出のノウハウを紹介する。

また商談会は2014年3月4日~5日の2日間、現地食品輸入卸、大型小売店、外食チェーン店など、有力バイヤー約20社を招聘し、日本企業とのビジネスマッチングを開催する。また、参加企業に対し、ハラール認証サポートを実施。国内認証団体と提携し、ハラール取得に関する各種相談、可能性診断等のサービスを提供する。

さらに、インドネシア現地では、インドネシア語の日本食専門サイト「Cooking Japan」を12月2日より開設。3か月で20万アクセスを見込んでおり、レシピ、投稿ページ、日本食文化、調理器具、レストラン情報等、食にまつわるあらゆる情報発信を行う。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品