VWジャパン、ゴルフやポロが好調で新車登録台数が過去最高…2013年1-10月

自動車 ビジネス 《使用禁止》統計

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、2013年1~10月までの累計新車登録台数が過去最高を達成したと発表した。2013年の年間を通じての過去最高もほぼ確実の見通し。

10月のフォルクスワーゲン車の新車登録台数は4671台、前年同月比15.0%増となり、11カ月連続プラスで過去最高となった。10月の新車登録台数が4600台を突破したのは2002年以来、11年ぶり。

これによって2013年1~10月の新車登録台数は、前年同期比15.2%増の5万3052台と過去最高となった。

11月6日からは、7人乗りミニバンシリーズ「ゴルフ・トゥーラン」や「シャラン」の一部装備をグレードアップした特別限定車「ゴルフ・トゥーラン・グレンツェン」、「シャラン・グレンツェン」を投入する計画で、好調な販売が続く見通し。2013年の新車登録台数は過去最高を更新する見通し。

10月の販売では、新型「ゴルフ」に高性能エンジンと強化したサスペンションやブレーキなどを搭載した「GTI」を導入したこともあって、「ゴルフ」への関心が高まった。新型ゴルフの累計受注台数は1万2000台を突破しており、10月の販売に占める新型ゴルフ比率は30%を超えている。

また、2リッターTSIエンジンを搭載したスポーツグレードを追加投入した「ザ・ビートル」や、シリーズ最高の低燃費を実現した「ポロ・ブルーGT」などが好調な「ポロ」の販売も伸びた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集