【ホンダ CR-Z α Master label 試乗】ファンな小型スポーツカー…島崎七生人

試乗記 国産車

ホンダCRーZ αMaster label 2tone Color Style
  • ホンダCRーZ αMaster label 2tone Color Style
  • ホンダCRーZ αMaster label 2tone Color Style
  • ホンダCRーZ αMaster label 2tone Color Style
  • ホンダCRーZ αMaster label 2tone Color Style
  • ホンダCRーZ αMaster label 2tone Color Style
  • ホンダCRーZ αMaster label 2tone Color Style
  • ホンダCRーZ αMaster label 2tone Color Style
  • ホンダCRーZ αMaster label 2tone Color Style
ハイブリッド車である以前に、ファンな小型スポーツカーであること。『CR-Z』に乗ると、そんな“嬉しさ”が実感できる。

試乗車は「α Master label 2tone Color Style」と呼ぶ新規設定モデル。鈴鹿の工場で完成車を1台ごと塗り分けて作るという、ひと手間加わったクルマだ。ルーフ、ドアミラー部などのブラック塗装がポイント。だが標準車に対し、上屋が一括でブラックになり、スッキリと見栄えがいい。この2トーンが標準のほうがいい…そう思えるほど。

内装もブラックで統一。合成皮革+ラックスウェードの専用表皮を用いたシートは、見た目だけでなく、触感もよく、着座したときオシリが滑らずとても都合がいい。

走りはファン。30km/h以上で走行中なら「プラススポーツスイッチ」を押すとパワーレスポンスが俄然ヴィヴィッドに。「3モードドライブシステム」でもパワー/ノーマル/エコが選べ、まさに走りとドライバーの気分が、このスイッチで切り替えられる。“パワー”では、モーターの手厚いアシストが得られ、フォーン!と心地いい排気音とともに胸のすく加速が体感可能。ステアリング、サスペンション(乗り味)も初期型よりこなれた印象で、街中の交差点を右左折でスーッと駆け抜けるだけでも十分に気持ちいい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集