富士通テン中間決算…最終赤字7億円、販売好調もコスト増が収支を圧迫

自動車 ビジネス 企業動向

富士通テンは11月7日、2013年4-9月期(第2四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は1407億6600万円(前年同期比+17.3%)、営業利益は9億1400万円(-37.4%)、経常利益は7億5400万円(+138.8%)、最終損益は7億1000万円の赤字(前年同期は3200万円の黒字)だった。

インフォテインメント機器、自動車用電子機器ともに販売は好調で増収となったが、製造原価や販売コストの上昇が収益を圧迫した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集