ALPINE CLASSIC RALLY2013開催…クラシックカーの本格ターマックラリー

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

11月1日から3日にかけて、アルペンクラシックカーラリーが開催された。主催はALPINE CLASSIC RALLY大会事務局。

1975年までに製造されたクラシックカーによる、本格的なターマックラリーがこのイベントだ。大会会長はWRCでも活躍している新井敏弘氏である。

今回のエントリー台数は28台。すべてのクルマに安全装備のロールバーなどが義務付けられた。

車種は、ポルシェが最も多く、『356』や『911』に混じり、『914』も2台出場。そのほかミニやランチアフルビア、フォードエスコートRSなど当時を彷彿させるラリーカーが集合した。

1日の朝、東京六本木のアークヒルズをスタートし、一路群馬サイクルスポーツセンターへ向かい、タイムトライアルを実施。翌日は、渋川市内数か所で林道をクローズした本格的なスペシャルステージ。最終日は嬬恋方面でヒルクライムを行った後、アークヒルズへ戻るスケジュールであった。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集