【サイクルモード13】自転車の魅力や楽しみ方、マナーアップとともに発信

自動車 ニューモデル モビリティ

試乗コースで最新モデルの自転車に試乗する来場者
  • 試乗コースで最新モデルの自転車に試乗する来場者
  • 開場前にできた行列のようす、自転車に試乗しやすい服装で来場する人が多かった。
  • 自転車のマナーアップに向けた専用ブースを設けて、情報発信していく
  • 【サイクルモード13】自転車の魅力や楽しみ方、マナーアップとともに発信
  • 【サイクルモード13】自転車の魅力や楽しみ方、マナーアップとともに発信
  • サイクルウェアも女性に向けた商品が充実されている
  • ウェアもスポーツ向けからカジュアルなものまで、様々なニーズが誕生している
  • 動画の撮影など、自転車で楽しむためのアイテムも数多く出展された
自転車の祭典「サイクルモードインターナショナル2013」が、千葉県の幕張メッセにおいて、11月2日に開幕した。東京(4日まで)と大阪(9-10日)に会場を用意し、自転車の魅力を発信していく。

同イベントは、最新モデルの自転車に試乗できるのが大きな魅力となっており、開催初日のようすをみると、実際に多くの来場者が試乗コースを走行し、様々な種類がある自転車の感触を確かめていた。

今回で9回目の開催となるイベントは、東京会場となる幕張メッセでは試乗コースが2倍に拡大されるなど体験部分を充実させた。また、拡大するサイクリストのニーズに応えて、会場で行われるトークショーも、自転車競技のトップアスリートにとどまらず、自転車にまつわる有名人を招いて、どうやって自転車を楽しむかといったソフトを提供する試みもみられた。

一方で自転車のマナーアップも課題だ、サイクリストの「車道の左側走行」徹底化に向けて活動する「チームキープレフト」委員会がブースを構え、タレントや識者を迎えたセッションで、自転車走行環境の課題や解決策を発信していく。

日程、東京会場:幕張メッセ、11月2日10:00~18:00、3日10:00~18:00、4日10:00~17:00、大阪会場:インテックス大阪。11月9日10:00~17:00、11月10日10:00~17:00。
《》

編集部おすすめのニュース

特集