脱柵した競走馬と衝突したクルマの運転者死亡、今年2月にも同様事故

自動車 社会 社会

10月28日午前3時ごろ、岐阜県笠松町内の競馬場から競走馬1頭が脱柵。場外へ逃走し、約300m離れた岐南町内の町道を走行していた軽乗用車と衝突する事故が起きた。軽乗用車は対向車とも正面衝突し、運転者が死亡している。

岐阜県警・岐阜羽島署によると、現場は岐南町薬師寺5丁目付近で片側1車線の緩やかなカーブ。堤防道路で街灯は設置されておらず、夜間の見通しは悪い。軽乗用車は対向するうように走ってきた競走馬(2歳メス、体重約430kg)と正面衝突。弾みで対向車線側へ飛び出し、対向車線を順走してきた乗用車とも衝突した。

クルマは大破し、運転していた山県市内に在住する64歳の男性が頭部強打でまもなく死亡。乗用車を運転していた67歳の男性にケガはなかった。馬も全身強打で即死している。

死んだ競走馬は約200m離れた笠松町若葉町付近にある笠松競馬場内ダートコースで他の馬と一緒に調教中だったが、突然極度の興奮状態となり、騎手を振り落として脱柵。そのまま逃走した。可動式の柵が設置されており、逃走に気づいた調教師が警報を鳴らしたが、ドアは開いたままの状態だったため、閉鎖が間に合わなかった。

笠松競馬場では今年2月にも競走馬が今回と同様に脱柵し、クルマとの衝突事故を起こしたほか、4月にも1頭が約10kmに渡って逃走するトラブルが発生している。

警察では競馬場側の管理体制に不備があったものとみて、関係者から業務上過失致死容疑で事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品