両備HDとKDDI、岡山市内の路線バスでO2Oの実証実験…11月15日から

鉄道 企業動向

KDDIと両備ホールディングス(両備HD)、同社グループのリオスは、11月15日から2014年5月31日まで、バスロケーションシステムとデジタルサイネージ、スマートフォンを連動させた「地域密着型O2Oサービス」の実証実験を岡山市内で実施する。

O2Oサービスは、オンライン・ツー・オフラインの略。モバイルアプリなどを使ってインターネットで集客し、実際の店舗に誘導して商品の購入を促す。今回の実証実験では、KDDIが開発したデジタルサイネージシステムとスマートフォン用アプリ、リオスが開発したバスロケーションシステムを連携させ、路線バスの沿線情報を提供する。バスロケーションサービスとデジタルサイネージ、スマートフォンを連動させるO2Oサービスは、国内初の取り組みという。

実施路線は、両備HDの社内カンパニー「両備バスカンパニー」が運行している岡山駅~西大寺線13.7km。同線のバス31両に105台のデジタルサイネージモニター(13インチ)を搭載する。

バス1両のモニター搭載台数は13両が5台、11両が3台、7両が1台。デジタルサイネージと連動する無料専用アプリ「まゆせチャンネル」をスマートフォンにダウンロードすることで、バスの運行情報や沿線店舗の商品情報、割引クーポンをリアルタイムで受け取ることができる。

「まゆせチャンネル」はauのスマートフォンのほか、他社のスマートフォンでも利用可能。参加店舗は消費者にリアルタイムで情報を提供できるほか、その効果を定量的に把握、評価することも可能であることから「時と場合に応じた効率的な集客や事業運営が期待」できるという。KDDIは実証実験を通じて「公共交通機関を核とする新たな街づくりを実現するO2Oの地域活性モデルの事業化を目指」すとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集