ZMP、自動運転の走行実験向けにクラウド・システム構築サービスの提供開始

自動車 ビジネス 企業動向
ZMP・RoboCar
  • ZMP・RoboCar
  • ZMP・カートモUP
ZMPは10月29日、自動運転の走行実験向けクラウド・システム構築サービスの提供を開始した。

同サービスは、CANデータ送受信機「カートモ UP PRO」と、スマートフォン/タブレット端末およびクラウドサーバWindows Azureの設定作業で構成される。

まず、OBDII端子にカートモ UP PRO を接続し、無線(Bluetooth)でスマートフォンやタブレットに車載CANデータの送受信が可能な状態にする。次にこれらのデータをクラウドプラットフォーム Windows Azure上のデータベースに、3GやLTEなどの公衆回線経由で蓄積し、リアルタイムに受信・モニタリングができる実験システムとして利用できるように構築する。

同システムを導入することで、国内外の実験拠点・テストコースなどでの走行実験中のデータを、本社など遠隔地から確認することが可能。実験結果に基づく現場へのフィードバックがスムーズとなり、開発作業のスピードアップに貢献する。

同システムは、標準ではトヨタ『プリウス(含むPHV)』『アクア』、ホンダ『フィットHV』『フリード』『インサイト』、日産『ノート』、マツダ『デミオ』、スバル『インプレッサ』に対応。価格は20万7900円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 【池原照雄の単眼複眼】ASIMOの視覚や知能を生かすホンダの自動運転車 画像 【池原照雄の単眼複眼】ASIMOの視覚や知能を生かすホンダの自動運転車
  • 【ITS世界会議13】ホンダの自律型/インフラ協調よる自動運転はWi-Fiを活用 画像 【ITS世界会議13】ホンダの自律型/インフラ協調よる自動運転はWi-Fiを活用
  • ZMP、独ベンチャーと自動運転技術の開発などで協業 画像 ZMP、独ベンチャーと自動運転技術の開発などで協業
  • 【ITS世界会議13】GPSを使わない自律走行技術…RoboCarに実装し走行デモ 画像 【ITS世界会議13】GPSを使わない自律走行技術…RoboCarに実装し走行デモ

特集

おすすめのニュース