マキシム、USB充電エミュレータをそなえた車載DC-DCコンバータを発表

自動車 ビジネス 国内マーケット
イメージ
  • イメージ
マキシムは10月16日、USB経由で、あらゆるポータブル機器(PD)の認識および車載バッテリからの直接充電を1つのICで実現する、USB充電エミュレータを備えた車載用DC-DCコンバータの「MAX16984」を発表した。

新商品は、標準的な3チップのソリューションの機能、最大2.5A駆動が可能な5V車載グレードDC-DCコンバータ、 USB BC1.2充電アダプタエミュレータ、および車載USBホストアプリケーション用のUSB保護スイッチを組み合わせた。最大28Vの電圧で動作し、最大42Vのロードダンプ過渡から保護され、内蔵の出力調整によってケーブル電圧降下を排除する。

車載USB機能は接続されたPDと通信し、使用時以外は低電力モードに切り替えることによって消費電力を低減。また、ESDダイオードを内蔵した唯一のUSB保護ICで、自動車のラジオや周辺部品の損傷を防ぐとしている。
《村尾純司@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

おすすめのニュース