歩道に乗り上げて3人をはねたクルマ、交番にも突っ込む

自動車 社会 社会

20日午後6時40分ごろ、神奈川県鎌倉市内の市道で道路沿いの駐車場から進出してきた乗用車が暴走。右折待ちのクルマに接触した後、歩道に乗り上げて歩行者3人に衝突。そのまま交番へ突っ込む事故が起きた。この事故でクルマの乗員を含めて5人が重軽傷を負った。

神奈川県警・鎌倉署によると、現場は鎌倉市御成町付近で片側1車線。変則的な十字路交差点で信号機が設置されている。乗用車はスーパーマーケットの駐車場から進出した直後に暴走。対向車線で右折待ちをしていたクルマ3台と接触した後、道路を挟んで反対側に乗り上げ、信号待ちをしていた女子中学生3人を次々にはねた。

この事故で中学生2人が胸部や手を骨折するなどの重傷。1人が頭部打撲の軽傷を負った。クルマは弾みで交差点に隣接した同署の交番に突っ込んで小破。運転していた84歳の男性と、同乗していた80歳の女性も打撲などの軽傷を負った。

警察では男性が運転操作を誤ったものとみて、自動車運転過失傷害などの容疑で事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集