ペダル踏み間違えの乗用車、コンビニに突っ込む

自動車 社会 社会

14日午前7時40分ごろ、栃木県栃木市内のコンビニエンスストア駐車場で乗用車が暴走し、ガラスを突き破って建物内に突っ込む事故が起きた。店内の客や従業員にケガはなかった。85歳の男性が運転操作を誤ったことが原因とみられる。

栃木県警・栃木署によると、現場は栃木市今泉町付近にあるコンビニエンスストア。駐車場に進入してきた乗用車は、駐車スペースに向けて前進していたところ、突然加速。正面のガラスを突き破って、建物内に突っ込んだ。

クルマは什器などを押し出し、店内の中ほどで停止したが、事故当時に店内に居合わせた客3人と従業員2人にケガはなく、クルマを運転していた下野市内に在住する85歳の男性と、同乗していた53歳の男性も無事だった。

警察では器物損壊などの容疑で運転者から事情を聞いているが、聴取に対しては「ペダルを踏み間違えたかもしれない」などと供述しているようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集