自転車2人乗りの男児、マイクロバスにはねられて重傷

自動車 社会 社会

13日午後2時20分ごろ、千葉県四街道市内の市道で、道路を横断しようとしていた男児2人が乗った自転車に対し、交差進行してきたマイクロバスが衝突する事故が起きた。男児2人は重傷。警察はバスを運転していた70歳の男を現行犯逮捕している。

千葉県警・四街道署によると、現場は四街道市栗山付近で車線区別のない幅員約4mの直線区間。交差点に横断歩道や信号機は設置されていない。12歳と9歳の男児は自転車に2人乗りし、現場で道路を横断しようとしていたところ、交差進行してきた送迎用のマイクロバスと衝突した。

自転車は弾き飛ばされるようにして転倒。ドクターヘリで病院へ搬送されたが、2人とも頭部や腕などを骨折する重傷を負った。警察はバスを運転していた千葉市若葉区内に在住する70歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕している。

警察では双方の安全確認に怠りがあったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集