NASA、ラングレー研究所での各種業務を発注…総額7億4200万ドル

宇宙 企業動向

ラングレー研究所webサイト
  • ラングレー研究所webサイト
  • Jacobs Technology社webサイト
米航空宇宙局(NASA)は9月10日、ラングレー研究所(バージニア州)の設備運用・保守、機器設計・製作支援業務をJacobs Technology社に発注すると発表した。

契約形態は、中核業務がコスト・プラス・アワード・フィー(CPAF)、納期未定・数量不確定業務が完全定額とCPAFを組み合わせた形。期間は11月1日から最大10年。総額は7億4200万ドル(推定)。

今回の長期契約はラングレー研究所の再活性化を目指す20年計画の中心に位置付けられている。Jacobs社は研究所内の施設・中枢設備の運用、技術開発、研究・施設の保守、施設の設計・製造を手掛ける。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集