自動車道の対面通行区間で正面衝突、双方が軽傷

自動車 社会 社会

9月9日午前6時20分ごろ、和歌山県広川町内の湯浅御坊道路の対面通行区間で、上り線を走行中の乗用車が対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきた別の乗用車と正面衝突する事故が起きた。双方の運転者が軽傷を負っている。

和歌山県警・高速隊によると、現場は広川町柳瀬付近で片側1車線の緩やかなカーブ。対面通行区間となっている。上り線を走行していた乗用車が対向車線側へ逸脱。直後に対向車線を順走してきた別の乗用車と正面衝突した。

衝突によって双方のクルマは中破。逸脱側のクルマを運転していた20歳代の男性と、順走側のクルマを運転していた50歳代の男性が打撲などの軽傷を負い、近くの病院へ収容されている。

警察では逸脱側のクルマがハンドル操作を誤ったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集