トラックと正面衝突、軽乗用車の母子3人が死傷

自動車 社会 社会

9月8日午後11時30分ごろ、静岡県小山町内の国道246号を走行中の軽乗用車とトラックが正面衝突する事故が起きた。この事故で軽乗用車を運転していた26歳の女性と生後6か月の女児が死亡。4歳の男児が軽傷を負っている。

静岡県警・御殿場署によると、現場は小山町中島付近で片側1車線の直線区間。軽乗用車は下り線、トラックは上り線を走行していたが、どちらかが対向車線側へ逸脱。道路中央での正面衝突に至ったものとみられる。

衝突によって軽乗用車は大破。運転していた御殿場市内に在住する26歳の女性と、同乗していた生後6か月の女児が頭部強打などが原因でまもなく死亡。4歳の男児が打撲などの軽傷を負った。トラックを運転していた神奈川県秦野市内に在住する60歳の男性も打撲などの軽傷を負っている。

警察では目撃者からも事情を聞き、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集