トヨタ、インドネシアで低価格・低燃費車 アギア 販売開始…ダイハツと協業

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ・アギア
  • トヨタ・アギア
  • トヨタ・アギア
  • トヨタ・アギア
  • トヨタ・アギア
トヨタ自動車のインドネシアにおける車両販売会社であるトヨタ・アストラ・モーター(TAM)は9月9日、インドネシアにおいて、新型車『アギア』の販売を開始した。

販売価格は、9900万から1億2000万ルピア(約85~103万円)で、2013年月販目標台数は5000台。

アギアは、ダイハツ工業が企画・開発したモデルで、ダイハツのインドネシアにおける車両生産会社であるアストラ・ダイハツ・モーター(ADM)で生産し、TAMがトヨタブランドで販売する。ダイハツブランドである『アイラ』も同日、ダイハツの車両販売会社であるアストラ・インターナショナルより販売を開始した。

低価格と低燃費を実現したアギア、アイラは、インドネシア政府が制定したLCGC(ローコスト グリーンカー)政策初の認定車となる。

これまでもトヨタは、ダイハツとの協業で、『アバンザ』(ダイハツブランド名:『セニア』)など、インドネシアの顧客ニーズに合わせたクルマを提供してきた。アギア、アイラも、エントリーユーザー向けのファミリーカーとして、インドネシアの新たな市場の開拓を目指す。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集