【フランクフルトモーターショー13】ランチア デルタ に2014年モデル…装備充実

自動車 ニューモデル 新型車

ランチア デルタ の2014年モデル
  • ランチア デルタ の2014年モデル
  • ランチア デルタ の2014年モデル
イタリアの自動車大手、フィアット傘下のランチアは9月2日、『デルタ』の2014年モデルを発表した。実車は9月10日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー13で初公開される。

3代目デルタは、2008年3月のジュネーブモーターショーでデビュー。デルタとしては8年ぶりの復活だが、2代目までとは全く異なるモデルに変身した。ボディサイズは全長4500×全幅1800×全高1500mm、ホイールベース2700mm。欧州CセグメントとDセグメントの中間に当たるボディを持つ、プレミアムな5ドアハッチバックとして登場した。

デビュー以来、確実な進化を遂げてきたデルタだが、2014年モデルは小規模な改良を加えている。

エクステリアは、前後バンパーとサイドスカートをボディ同色化。リアには、ツインクロームエグゾーストを装備する。インテリアは、トリムを変更してアップデート。センターコンソールは光沢ブラック仕上げとして、質感を引き上げた。

エンジンなどのメカニズム系に大きな変更はない。1.6リットル直列4気筒ディーゼルターボの「マルチジェット」は、最大出力が105psと120psの2種類。1.4リットル直列4気筒ガソリンの「ターボジェット」は、LPG仕様が最大出力120psを発生する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集