【ホンダ フィット 新型発表】新デザインコンセプトを構成する3つの“High”

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ フィット ハイブリッド
  • ホンダ フィット ハイブリッド
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ フィット ハイブリッド
新型ホンダ『フィット』のインテリアデザインにも、ホンダの新デザインコンセプト“EXCITING H DESIGN!!!”が取り入れられている。

先進性を象徴する“High Tech(ハイテック)”、骨格や構成の美しさを追求する“High Tension(ハイテンション)”、面質や高い質感を磨き上げる“High Touch(ハイタッチ)”の3つの要素からEXCITING H DESIGN!!! は成り立っている。

先進性を象徴するHigh Techについて、フィットのインテリアデザインを担当した本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン開発室1スタジオ主任研究員の北島義也さんは、「インターフェイスでしっかり表現しました」と話す。具体的には、「静電タッチ(タブレット端末と同じように指で操作するもの)を用いたセンターパネルを“表情”として考えデザインしました」と話す。

センターパネルなどを包むインストルメントパネルでは質感(High Touch)を表現。助手席側にはソフトパッドを使ったほか、エアアウトレットの周りにシルバーの加飾を加えた。北島さんは、「きちんと造形と質感を一致させるために、シルバー部分は金属に見えるようなパリッとしたシャープな表情を作り、助手席の柔らかいパッドのところは、柔らかく見えるような造形です。その造形も意識的に変化をつけることでより質感を高めることが出来たと思います」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集