【ホンダ フィット 新型発表】質感は次世代コンパクトのベンチマーク

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ フィット ハイブリッド
  • ホンダ フィット ハイブリッド
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • ホンダ フィット ハイブリッド
フルモデルチェンジしたホンダ『フィット』のインテリアは、ソフィスティケイテッド・フューチャリスティック・コクピットがデザインコンセプトだ。

インテリアデザインを担当した本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン開発室1スタジオの北島義也さんによると、「先進的で質感の高いコクピットというコンセプトです」と話す。

2代目フィットのインテリアデザインも担当した北島さんは、「(先代も)質感を上げるために、色々なパーツをプラスチックに見えないように塗装するなど注意を払いましたが、(新型は)ソフトな質感を取り入れることによって、より上質な質感を表現したいと考えました」と述べる。

北島さんは当初から、より上質な質感にこだわった。「スモールカーやコンパクトカーではコクピット全部がプラスチックというのはスタンダードですが、一番を目指すとなるとそれだけではダメです。欧州車は特にソフトなインパネをスモールカーでも採用していますので、一番を取るためにはそれはやらなければダメだという想いが一番強かったのです」という。

また、フィットが属するコンパクトカーセグメントは非常に大きな市場だ。そこで北島さんは、「このクルマが次世代のスタンダードになるんだ、コンパクトカーセグメントのスタンダードのハードルを思い切りあげてやるという気概を持ってやりました」とその意気込みを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集