【DIYショー13】超クールなペンチ登場、ありそうでなかった便利ツールも

自動車 ビジネス 国内マーケット

カハラジャパン
  • カハラジャパン
  • カハラジャパン
  • カハラジャパン
  • Winフィーチャーズ
  • Winフィーチャーズ
  • Winフィーチャーズ
  • Winフィーチャーズ
道具にこだわるDIY派は多い。ハンドツールを1つのブランドで統一したり、ドライバー、ソケットレンチなどツールの種類ごとにブランドを使い分けて楽しんでいる人もいる。

そんな工具マニアも目をむくハンドツールをDIYショーで見つけた。まず、何といってもカラフルで発色のキレイさが目を引く。出展していたカハラジャパンは釣り道具のカスタムメーカーで、ブラックバスなどを釣った際に、釣り針を外すために特化したニードルノーズプライヤー(通称ラジオペンチ)を商品化しており、その派生モデルや試作品を、今回のショーに持ち込んだのだ。

「釣り好きの人ではなく、一般のユーザーやバイヤーの反応が見たかった」と、カハラジャパンの加瀬代表は出展の理由を語る。カラフルでグリップ部に軽め穴などが開けられたペンチは、何とジュラルミンの鍛造製。軽いだけでなくアルマイト仕上げでサビにも強く、持っていても使っても満足感は高そうだ。先端が通常のペンチになっているモノは先端が尖っていないペンチしか商品化されていないが、先端部分はスチール製なので、先端だけを試作した通常のニードルノーズも参考に製作してきたと言う。ワイヤーカットの部分にはタングステン鋼を使うなど、こだわりまくりのペンチを、釣りマニアだけに楽しませていくのは勿体ない。

さらに通路を歩いていくと、海外メーカーや商社のブース郡の中に面白いハンドツールを発見。フレアナットレンチはブレーキパイプやエアコンの配管を締め緩めする際に使う工具だが、ソケットレンチや板ラチェットのようなラチェット機構はないから、何度もナットを加え直して回さなければならない。ところが台湾のWinフィーチャーズが開発したギアラチェッティング・フレアナットレンチは、ラチェット機構が組み込まれているのである。こいつは今までなかった、便利で新しい商品。

ラチェット式のメガネレンチと同様、フレアナットレンチにラチェット機構を組み合わせたもので、内側だけが回転していくので開口部を合わせないとパイプから抜いて外すことは出来ないが、ラチェットを回すだけなのでそれほど不便さは感じない。

その他にもラチェットレンチのハンドルからラチェットの方向レバーを取り去り、手首のひねりだけで切り替え可能とした商品もも展示していた。こちらはデザインがスマートなのと貫通式なので様々なソケットやビットに対応できる。どちらも日本で発売されたら、面白い商品だ。
《高根英幸》

編集部おすすめのニュース

特集