原付バイクで日本一周旅行の男性、北海道で追突事故に巻き込まれ死亡

自動車 社会 社会

2日午後11時20分ごろ、北海道清水町内の国道38号を走行中の原付バイクに対し、後ろから進行してきた大型トラックが追突する事故が起きた。この事故でバイクで日本一周の旅をしていた静岡県内に在住する70歳の男性が死亡している。

北海道警・新得署によると、現場は清水町御影付近で片側1車線の直線区間。バイクは道路左側の路肩寄りを走行していたが、後ろから進行してきた大型トラックが追突した。

バイクは弾き飛ばされるようにして転倒。運転していた静岡県伊豆の国市内に在住する70歳の男性は帯広市内の病院へ収容されたが、全身強打が原因でまもなく死亡。警察はトラックを運転していた幕別町内に在住する60歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。男性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

事故当時、現場では霧雨となっており、視界が悪かった。死亡した男性は原付バイクによる日本一周旅行の最中だった。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集