信号待ちのクルマを襲撃し、運転者から現金を強奪

自動車 社会 社会

2日午後9時50分ごろ、茨城県筑西市内の県道で、信号待ちで停車した乗用車を後続車に乗っていた男3人が襲撃。38歳の男性を殴打し、現金を奪う事件が起きた。男性にケガはなかったが、警察では強盗事件として捜査している。

茨城県警・筑西署によると、現場は筑西市海老ケ島付近。阿見町内に在住する38歳の男性が運転する乗用車が信号待ちのために停車したところ、後続のクルマに乗っていた3人組の男が降車。クルマのドアを開けて男性を引きずり出すとともに、腹部を殴打して「カネを出せ」などと脅迫した。

男性が現金約2万6000円が入った財布を差し出すと、男たちは現場から逃走。男性にケガはなく、通報を受けた警察では強盗事件として捜査を開始している

3人組のうち、直接の犯行に及んだ2人はいずれも20歳前後とみられており、警察では不審者の目撃情報や事件発生の経緯について詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集