帝人グループ、装甲車両向け防弾ファブリックを開発

自動車 ビジネス 企業動向

テイジン・アラミドB.V.のトワロン T765
  • テイジン・アラミドB.V.のトワロン T765
  • テイジン・アラミドB.V.のトワロン T765
帝人グループのテイジン・アラミドB.V.は、装甲車両の乗員を守る防弾ファブリック「トワロン T765」を開発。10月10日から13日にロンドンで開催される国際防衛安全の見本市「DSEI」で初公開する。

トワロンT765は軽量、高強度、耐衝撃性、高弾性、耐熱性などの高い性能を備えたパラ系アラミド繊維「トワロン」を縦方向に積み重ねて編んだファブリック。これを樹脂などと組み合わせてコンポジットにし、スポールライナー(飛散防止内張り)として、鉄、セラミック、アルミニウム、チタンなどの金属製の装甲車両の内側に装着することで、車両が被弾した際、装甲内面の金属が衝撃波で飛散するのを抑制する。

一般的に、車両が被弾した際の衝撃そのものよりも、車内への金属片の飛散によって乗員が負傷するケースの方が多いと言われており、スポールライナーの役割が重要視されている。

トワロンT765は、特殊な編み方により、従来の織物に比べて少量の繊維、および少ないレイヤーで優れた厚みと丈夫さを実現する。これをスポールライナーの素材として使用することで、より高い防弾性能とコスト効率に貢献。戦車、トラック、人員運搬車などの軍用車両や、一般の民間車両に装着することで、車両が被弾した際の乗員の安全確保に効果を発揮する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集