【プジョー 208 GTi 発売】GTiは赤、XYはパープルがイメージカラー

自動車 ニューモデル 新型車
プジョー・208 GTi
  • プジョー・208 GTi
  • プジョー・208 GTi
  • プジョー・208 GTi
  • プジョー・208 GTi
  • プジョー・208 GTi
  • プジョー・208 GTi
  • プジョー・208 XY
  • プジョー・208 XY
プジョー・シトロエン・ジャポンから発売されたプジョー『208GTi』は『205GTi』のDNAを引き継ぐ最新のスポーティモデルとして、『208XY』は『208GT』にとって変わる大人の感性に響くラグジュアリースポーツモデルとして導入された。

GTiとXYのエクステリア上の違いで目に付くのはフロントグリルだ。ナンパープレート下にGTiは赤ラインが入るのに対し、XYはピアノブラックと差別化が図られる。また、GTiはチェッカーフラッグをモチーフとしたグリル模様となる。リアでは、GTiは専用のエギゾーストパイプ、XYはあえてエキパイを見せないデザインを採用した。

インテリアは、両車のイメージカラーを多用したものとなっており、「GTiのステアリングは12時の位置にレッドのアクセント、インストルメントパネルのメーター周り、サイドブレーキレバーやシフトレバーにも赤を使っています」と述べるのは同社広報室プジョーPR担当の英信司氏。また、ドアのアシストグリップも「ブラックからレッドへのグラデーションとなり、遊び心あるデザインです」と話す。

XYのインテリアは「ブラックとシルバーのモノトーンのイメージで統一され、イメージカラーのパープルステッチの入ったアルカンタラとファブリックシートのほか、メーター周りは白、サイドブレーキレバーやシフトレバーは紫のアクセントがあしらわれています」とそれぞれの特徴について語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集