大型観光バスと軽乗用車が出会い頭衝突、双方の5人が負傷

自動車 社会 社会

23日午前10時50分ごろ、北海道根室市内の道道を走行していた大型観光バスと、交差道路を進行してきた軽乗用車が出会い頭に衝突する事故が起きた。この事故で軽乗用車に乗っていた2人と、バスの乗客3人が軽傷を負っている。

北海道警・根室署によると、現場は根室市東和田付近で片側1車線の直線区間。交差点に信号機は設置されていない。大型観光バスと軽乗用車は減速しないまま交差点に進入。出会い頭での衝突に至ったものとみられる。

衝突によって軽乗用車は中破。運転していた同市内に在住する24歳の女性と、同乗していた24歳の男性が打撲などの軽傷。バスは衝突後に路外へ逸脱し、乗客の女性21人が病院へ収容されたが、このうち3人が打撲などの軽傷。バスを運転していた60歳の男性にケガはなかった。

一時停止義務は軽乗用車側にあり、警察では軽乗用車側がこれを怠って交差点に漫然進入したことが事故につながったものとみて、運転者の女性から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集