パナソニック、鈴鹿サーキットでの次世代エネルギーカーイベントに協賛

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズは、8月4日に鈴鹿サーキットで開催される次世代エネルギーカーイベント「2013 Ene-1 GP SUZUKA」にニッケル水素電池「充電式EVOLTA」で協賛すると発表した。

同イベントは、モノづくりとエネルギーマネジメントをテーマに、技術の発展・人材育成などモノづくり社会の活性化に寄与することを目的とし、鈴鹿サーキットでの開催は今年で3回目。パナソニックは、充電式単3形電池40本を電源とする「KV-40チャレンジ」にオフィシャルパートナーとして協賛する。

同チャレンジでは、「充電式EVOLTA」を動力源としたEV(電気自動車)で、追加充電なしでアップダウンが激しく過酷な鈴鹿サーキット国際レーシングコース1周(5.807km)のタイムアタックを3回行い、「充電式EVOLTA」の長もち特性を引き出して走行タイムを競う。

参加チームは全国から募集し、中学生以上から参加可能。6月16日時点で75台がエントリーしており、エントリーは6月30日まで受け付けている。
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集