トラック同士の追突事故で積荷のニワトリ約1500羽が路上へ散乱

自動車 社会 社会

17日午前0時50分ごろ、岐阜県中津川市内の中央自動車道上り線を走行中のトラックに対し、後続のトラックが追突する事故が起きた。被追突側のトラックは横転。人的被害は無かったが、積荷のニワトリ約1500羽が路上に散乱した。

岐阜県警・高速隊によると、現場は中津川市千旦林付近で片側2車線の緩やかな右カーブ。第1車線を走行していたトラックに対し、後続のトラックが追突。被追突側のトラックは其の弾みで両車線を塞ぐような状態で横転した。

双方の運転者にケガはなかったが、横転したトラックの荷台に積まれていたニワトリ約1500羽が収容されたケース(約220個)が周囲に散乱。一部は損壊し、ニワトリが路上に逃げ出す状態となった。

投げ出されたショックで大半のニワトリは死んだが、回収作業のために現場を含む恵那~中津川インターチェンジ間が約4時間に渡って通行止めとなった。警察では追突側トラックの前方不注視が事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集