日立電線、電動パーキングブレーキ用ハーネスを開発

自動車 ビジネス 企業動向

電動パーキングブレーキ(EPB)用ハーネス
  • 電動パーキングブレーキ(EPB)用ハーネス
日立電線は6月18日、自動車の電動パーキングブレーキ(EPB)用ハーネスを開発したと発表した。同製品は、日本での量産に加え、2013年夏に中国で、2013年度内に欧州での量産を開始する予定。

近年、安全性・利便性向上の一要素としてパーキングブレーキの電動化需要が高まっている。EPBはスイッチ操作で電気的にタイヤを固定させる機構で、従来の機械的なレバーとワイヤーによるパーキングブレーキに置き換わる制動システム。EPBは、機械式レバーが不要であるため運転席まわりのスペースを有効に利用できるようになることや、坂道発進においてはアクセルを踏むことでパーキングブレーキが自動解除されるため車両後退を防止できるなど、安全性・利便性の向上に大きく貢献する。

EPB搭載車は今後大幅に需要が増加することが見込まれることから、同社は市場要求に応えるため、高品質なEPB用ハーネスを開発した。

同製品は、長年にわたり培ってきたブレーキホースやABSセンサ、電源ハーネスなどの自動車部品の量産・品質管理技術に加え、各種電線・ケーブル製造で培った耐屈曲性を高める技術を融合し実現したもの。特に、耐久性を測る耐久揺動試験においては、500万回以上揺動後も、破損なく一定レベルの電気特性を維持するなど、高い耐久性を実証しており、2013年モデル車に搭載されている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集