乗用車と正面衝突、バイク運転の男性が死亡

自動車 社会 社会

9日午前11時45分ごろ、茨城県土浦市内の国道6号バイパスを走行中のバイクが対向車線側に逸脱。対向車線を順走してきた乗用車と正面衝突する事故が起きた。この事故でバイクを運転していた50歳の男性が死亡している。

茨城県警・土浦署によると、現場は土浦市東並木町付近で片側1車線の直線区間。パイクは斜行するようにして対向車線側へ逸脱。直後に対向車線を順走してきた乗用車との正面衝突に至ったものとみられる。

この事故でバイクを運転していた小美玉市内に在住する50歳の男性が頭部強打でまもなく死亡。乗用車を運転していた石岡市内に在住する24歳の男性にケガはなかった。

死亡した男性は購入したバイクを受け取り、その帰路で事故を起こしていた。警察ではバイク側が運転操作を誤った可能性が高いとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集