母親を追ってきた女児、父親が運転するクルマにはねられ死亡

自動車 社会 社会

6月2日午後1時ごろ、愛知県名古屋市西区内の市道で、道路に隣接する民家敷地内の駐車場から発進したワゴン車が、クルマの前を横切ろうとした3歳の女児に衝突する事故が起きた。女児は収容先の病院で死亡。警察はクルマを運転していた父親から事情を聞いている。

愛知県警・西署によると、現場は名古屋市西区香呑町4丁目付近。ワゴン車は民家敷地内の駐車場から発進し、そのまま左折して道路へ進出しようとしたところ、クルマの前方を右から横切った3歳の女児に衝突した。

女児は腹部を強打。近くの病院へ収容されたが、約3時間後に死亡した。警察は女児の父親で、クルマを運転していた36歳の男性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

警察では死亡した女児がクルマに乗っていた母親を追いかけてきたものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集