合弁会社 エバスペヒャー・ミクニ が5月より事業開始

自動車 ビジネス 企業動向

ミクニとドイツに本拠を置くエバスペヒャー社との間で折半出資して設立した合弁会社「エバスペヒャー・ミクニクライメットコントロールシステムズ」が、5月より事業を開始した。

これに伴い、従来ミクニで対応していたヒータの販売、及びびそれに係わるサービス業務は、新会社に移管するが、自動車用ヒータの生産については、従来通りミクニで生産し、ミクニブランドにて新会社が販売する。

新会社所在地は、神奈川県ミクニ小田原事業所内、事業内容は車両用空調システム及びその関連製品の販売、サービス。
《平泉翔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集