エアアジア・ジャパン、ゴールデンウィークの国内線搭乗率は67.6%

航空 企業動向
エアアジア・ジャパンは5月7日、ゴールデンウィーク期間中(4月26日~5月6日)の国内線搭乗率は67.6%だったと発表した。

国内線は提供座席数3万5640に対し、搭乗者数は2万4088だった。ピークは、成田・中部発便で5月3日(75.7%)、成田・中部着便が5月6日(80.9%)。

一方国際線は、提供座席数1万1160に対し、搭乗者数は6829で、搭乗率は61.2%だった。ピークは国内線と同様で、成田・中部発便が5月3日(83.7%)、成田・中部着便は5月6日(88.3%)。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ピーチ、ゴールデンウィーク期間中の国内線利用率が91.3% 画像 ピーチ、ゴールデンウィーク期間中の国内線利用率が91.3%
  • ANAグループ、ゴールデンウィーク利用実績、国内線・国際線ともに利用者マイナス 画像 ANAグループ、ゴールデンウィーク利用実績、国内線・国際線ともに利用者マイナス
  • JALグループ、ゴールデンウィーク利用実績、尖閣諸島問題影響などで国際線前年割れ 画像 JALグループ、ゴールデンウィーク利用実績、尖閣諸島問題影響などで国際線前年割れ

特集