DHL、「エクスプレスエンベロープ」にカーボンニュートラルを導入

自動車 ビジネス 企業動向
DHL(イメージ)
  • DHL(イメージ)
  • DHL(イメージ)
DHLエクスプレスは、ビジネス書類を発送する「DHLエクスプレスエンベロープ」にGOGREENカーボンニュートラルのコンセプトを導入すると発表した。顧客はサービスを利用することで、輸送に伴う環境負荷の軽減が可能になる。

DHLエクスプレスエンベロープは、リサイクル可能な専用封筒に入れた300gまでの書類を配達するサービス。今回リニューアルしてDHLエクスプレスエンベロープを利用した顧客は、貨物の輸送に伴って発生する二酸化炭素排出量と同量を相殺することが可能となる。

具体的には、DHLが、配送の取り扱いや輸送工程で排出される二酸化炭素量を算出し、同量の二酸化炭素を外部の気候保護プロジェクトに投資することで相殺する。GOGREENの二酸化炭素排出量算出、相殺するプロセスは第三者監査企業であるSGSによりISO14064に基づいて毎年検証する。

DHLエクスプレスエンベロープのサービスは世界110か国で利用できる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 近鉄エクスプレス、インドに自動車関連向け倉庫を新設 画像 近鉄エクスプレス、インドに自動車関連向け倉庫を新設
  • カーシェアリングでCO2排出量45%減 エコモ財団調査 画像 カーシェアリングでCO2排出量45%減 エコモ財団調査
  • JR東日本、五年消雪基地にヒートポンプを新設してCO2を削減効果を検証 画像 JR東日本、五年消雪基地にヒートポンプを新設してCO2を削減効果を検証

特集