漫然と追い抜きを開始したクルマ、対向のバイクと衝突

自動車 社会 社会

27日午後6時50分ごろ、鹿児島県さつま町内の町道で、前走車を追い抜こうと対向車線側へ進出した軽乗用車が、対向車線を順走してきた原付バイクと衝突する事故が起きた、この事故でバイクを運転していた61歳の女性が死亡している。

鹿児島県警・さつま署によると、現場はさつま町田原付近で片側1車線の直線区間。軽乗用車は前走車を追い抜くために対向車線側へ進出。直後に対向車線を順走してきた原付バイクと正面衝突した。

バイクを運転していた同町内に在住する61歳の女性は全身を強打。近くの病院へ収容されたが、約10時間後に死亡した。警察はクルマを運転していた同町内に在住する67歳の女性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

警察ではクルマの運転者が前方の安全を確認しないまま、漫然と追い抜きを開始したことが事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。

《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集