「SLばんえつ物語」号用12系に、「SL人吉」用50系に似たグリーン車!?

自動車 ニューモデル 新型車

「SL人吉」用50系の展望ラウンジ(参考画像)
  • 「SL人吉」用50系の展望ラウンジ(参考画像)
  • 「SL人吉」用50系の展望ラウンジ(参考画像)
  • 「SLばんえつ物語」号用12系グリーン車(7号車)イメージ
  • 新津駅の留置線で休む「SLばんえつ物語」号用12系
  • グリーン車となる7号車は写真奥(新津)
  • 「SLばんえつ物語」号用12系グリーン車(7号車)イメージ
新潟~会津若松間で運転されている臨時列車「SLばんえつ物語」号の12系客車7両のうち、新潟寄り7号車がグリーン車に変更され、「SL人吉」用50系の展望ラウンジのような「パノラマ展望室」や「ショーケース」が設置される。

グリーン車についてJR東日本は、「車両の先頭部は、床下から天井付近までがガラス張りのパノラマ展望室となっており、最後尾となる会津若松行きの往路では沿線風景を、新潟行きの復路では先頭に連結されたSLの姿を間近で楽しむことができる」と紹介。

また、グリーン車の車体色には新デザインが採用され、インテリアはこれまでの「レトロ調大正ロマン」のイメージを継承しつつ、黒を基調色としたデッキやショーケースなどが設置されるという。

JR九州の「SL人吉」(熊本~人吉)で活躍する50系客車(3両)の展望ラウンジも、けん引機である8620形蒸気機関車をガラス越しに間近に見られて乗客に人気。この12系グリーン車のデビューは4月。春の「SLばんえつ物語」は、けん引機C57形蒸機の駆ける姿を客室から見たいという人たちでさらに賑わいそうだ。
《大野雅人》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品