新千歳空港、アイヌ語で書かれたフラッグでお迎え

航空 エンタメ・イベント

国土交通省北海道局は、アイヌ伝統の普及啓発の一環として、北海道に来訪する外国人観光客を、アイヌ語のあいさつ「イランカラプテ」(こんにちは)で迎えるよう、北海道空港の協力を得て、新千歳空港国際線連絡通路に期間限定でフラッグを掲示すると発表した。

アイヌ語のあいさつ「イランカラプテ」の普及を通じてアイヌ文化への理解を促進する取り組みを2013年度から関係機関とともに実施する予定で、このイランカラプテ・キャンペーンに先駆けて、「さっぽろ雪まつり」の期間を含めて試行的に実施する。

期間は1月19~2月28日まで。

フラッグはアイヌの伝統的住居「チセ」をモチーフとしたデザインで、アイヌ語のあいさつ「イランカラプテ」(こんにちは)、「イヤイライケレ」(ありがとう)を表示する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース