ジャパンマリンユナイテッドが建造した12万トン型タンカー「かいもん丸」が竣工

船舶 企業動向

JXタンカー、12万トン型タンカー「かいもん丸」
  • JXタンカー、12万トン型タンカー「かいもん丸」
JX日鉱日石タンカーは、ジャパンマリンユナイテッドの呉事業所で12万トン型タンカー「かいもん丸」を竣工したと発表した。

新造船は、現有のアフラマックス型タンカーより船型を大型化しており、輸送効率の向上を図る。JXタンカーは、ジャパンマリンユナイテッドから引き渡しを受けた後、主にJX日鉱日石エネルギー向け原油輸送に活用する。

船はJFEグループのユニバーサル造船とIHI子会社のアイ・エイチ・アイマリンユナイテッドが今年1月1日付けで合併したジャパンマリンユナイテッドが発足してから竣工第1号の船となる。

載貨重量12万0015トンで、喫水(満水)が15.439メートル。主力機関は1万2210kWで、満載時の航海速力が14.50ノット。船籍は日本。

船名はJXグループの原油中継備蓄基地であるJX日鉱日石石油基地の所在地である鹿児島県・薩摩半島の南端に位置する「開聞岳」(別名=薩摩富士)に由来する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集