欧州宇宙機関、2013年の展望

宇宙 企業動向

ESA's 2013 preview(動画キャプチャ)
  • ESA's 2013 preview(動画キャプチャ)
  • ESA's 2013 preview(動画キャプチャ)
  • ESA's 2013 preview(動画キャプチャ)
  • ESA's 2013 preview(動画キャプチャ)
  • ESA's 2013 preview(動画キャプチャ)
  • ESA's 2013 preview(動画キャプチャ)
ESAは2013年の展望として、宇宙ミッションや宇宙船や人工衛星の打ち上げ予定などを簡単に解説するビデオを公開した。

ESAによる宇宙船の打ち上げにおいては、2度目の飛行となる「ベガ」がこの春に打ち上げ予定で、「アリアン5」と「ソユーズ」がフランス領ギアナの宇宙港で任務に就き、特にアリアナはこの4月に、もう一つのオートメーテッド・トランスファー・ビークル(ATV)を物資と共に国際宇宙ステーションに運ぶ予定である。

そして5月には、宇宙ステーションはESAの宇宙飛行士であるイタリア人のルカ・パルミターノの家となり、長期間の飛行を行うと共に11月の終わりまでステーションに滞在する予定である。

また、もう一つの地球探査衛星、「スワーム」による地球の磁場の研究や、地球規模の環境と安全性をモニター(GMES)する、最初の人工衛星を代表する「センチネル-1」といった、さらなる地球観測ミッションが計画されている。

《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集