NASA、ケネディ宇宙センターの設備改編[動画]

宇宙 企業動向

設備改編のイメージ
  • 設備改編のイメージ
フロリダに所在するNASAのケネディ宇宙センター内のコマーシャル・クルーと積荷処理施設は、ボーイング社のCST-100宇宙船の製造をサポートするために、大きな改変を行っている。

この施設はスペースシャトル時代を通して軌道衛星処理施設(Orbiter Processing Facility-3)として知られて来たが、最近になって施設の軌道衛星専用プラットフォームが取り除かれ、クリーン・フロアの工場のような施設に部屋を譲ることとなった。

この近代化はボーイング社に、NASAのコマーシャル・クルー・プログラムとの協力が進められている低周回軌道用の新しい宇宙船編隊の処理を許容する。

ボーイング社は余分な政府の施設を、フロリダスペースとの合意を通して、次世代の商業活動に賃貸している。

《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集