三菱重工、世界最高効率のJ形ガスタービン新型機を開発

自動車 ビジネス 企業動向

三菱重工(webサイト)
  • 三菱重工(webサイト)
  • ガスタービン納入実績
三菱重工業は、最新鋭J形ガスタービンの新型機「M501JAC形ガスタービン」を開発、市場投入すると発表した。

新型機は、燃焼器の冷却方式をこれまでの蒸気冷却式から空気冷却式に変更したもので、M501J形ガスタービンと同レベルの性能を保ちながら、起動時間を短縮するなど高い運用性を実現したのが特徴。

M501JAC形ガスタービンは、同社が2009年に独自技術により開発した世界トップクラスの大容量・高効率機であるM501J形ガスタービンに、空気冷却式燃焼器を採用した機種で、ガスタービン定格単機出力約31万kWを実現。また、排熱回収ボイラーおよび蒸気タービンを組み合せたガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電では出力約45万kW、発電端熱効率は世界最高水準の61%超(低位発熱量)を目指す。

M501JAC形ガスタービンの開発は、同社高砂製作所の実証設備複合サイクル発電所で実施しているM501J形ガスタービンの長期実証運転が、起動回数100回、運転時間8000時間を突破して、高い信頼性が実証されたことを受け行われた。初号機出荷は2015年からの予定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集