GM と PSA プジョーシトロエン、ブラジルで小型車共同生産を計画か

モータースポーツ/エンタメ 出版物

GMのダン・アカーソン会長兼CEOとPSAのフィリップ・ヴァラン会長(参考画像)
  • GMのダン・アカーソン会長兼CEOとPSAのフィリップ・ヴァラン会長(参考画像)
  • GMとPSAがブラジルで小型車を共同生産する可能性を伝えたブラジル『veja』
2012年2月末、資本提携を含めた包括的な提携で合意した米国のGMとフランスのPSA(プジョー シトロエン)。両社がブラジルで、小型車の共同生産に乗り出す可能性が出てきた。

これはブラジルのニュース誌『veja』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「GMとPSAがブラジルに新工場を建設し、小型車を共同生産する計画がある」と伝えたのだ。

工場建設地に関しては、リオデジャネイロなどが有力。ブラジルで人気の高いコンパクトカーを共同生産することで、コスト競争力を高める狙いがあるものと見られる。

同メディアによると、この件は9月中にも正式発表される見込みだという。9月27日に開幕するパリモーターショー12において、何らかのアナウンスが行われる可能性がある。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集