日本アジアグループ、鹿児島県鹿屋市にハーフメガの太陽光発電所を開発

自動車 ビジネス 企業動向
鹿屋ソーラーウェイの建設予定地
  • 鹿屋ソーラーウェイの建設予定地
  • 日本アジアグループが開発した館林ソーラパーク(参考画像)
日本アジアグループと鹿児島県鹿屋市は9月3日、太陽光発電所の開発で基本合意、鹿屋ソーラーウェイの建設を発表した。

鹿屋ソーラーウェイは、出力0.5MW、一般家庭の約150世帯に相当する規模の太陽光発電所になり、日本アジアグループでは、群馬県館林市の館林ソーラーパークに続き2案件目のハーフメガ(0.5MW)の開発となる。

ハーフメガ規模の太陽光発電所は、住宅地に隣接した環境でも開発が可能なため、遊休地の有効的な活用手法として着目されている。総事業費は約1億5000万円の見込み。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース