三菱電機、鉄道車両の回生電力を駅舎で有効利用

自動車 ビジネス 企業動向

東京メトロ東西線
  • 東京メトロ東西線
  • 三菱電機 駅舎補助電源装置
三菱電機は、「駅舎補助電源装置」の実証実験を東京地下鉄(東京メトロ)の東西線西船橋変電所で実施すると発表した。

実証実験は、鉄道車両のブレーキ時に発生する回生電力のうち、近くを走行している車両だけでは消費できない余剰電力を、駅の電気設備に直接供給するというもの。実験期間は2012年8月中旬から約2か月間を予定している。

三菱電機のシミュレーションによると、直流1500Vの回生電力を交流変換し、駅照明や空調等へ供給することで、約600kWh、東京メトロ西船橋駅の消費電力の16%を補完できると見込んでいる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集